行動力!メルストをよろしくお願いします

行動力!メルストをよろしくお願いします!!!とか言いつつメルストやる余裕なくてアプリ消した民

負けるなツバメちゃん()人()ノ

いきなり真夏になったような暑さですね。

先月から、ツバメの巣作りがスタート

毎年、同じところへ帰ってきて、営巣する姿は、なんとも嬉しい。

いつものドラッグストアの軒でも、卵を温め始めていたのですが

先日、立ち寄ってみると

えええ!、、巣が崩されてる。

そして、お母さんツバメの姿もなく。

おそらくカラスに襲われたかな。

過去にも何度かあったけど、みんな生きるためだから仕方ない。

とは言え、人に守ってもらうために、わざわざ人家や店先に巣作りをするツバメ

それを守ってあげれなかったと思うと、悲しい。()

改めて、自然界は厳しいなと。

毎日のように会いに行っていた

つがいで巣作りを始めた頃

お店は夜までライトの光があるから、虫を捕まえられて一石二鳥だね

そんな夜更かしツバメちゃんズ

巣が完成して、窓のサッシで一休み

卵を産んで温め始めた

呼ぶと顔をぴょこっとだして、こっちを見るのが可愛い

ぴょこ

アヒル口だね()

卵が孵るまでは2週間。

その期間は過ぎましたが、

巣が崩されて、残念ながら、ヒナの姿は見えないままでした。

だけど、後日

あ、戻ってきてる

崩された巣の中をのぞき込むお母さんツバメ

また卵を産んだようで、温め始めてました。

今度は、無事に育つといいね。

でも、巣の真ん中は崩れたまま、ヒナが落ちちゃわないか心配。。

お父さんツバメも横で見守る

きっと怖い思いしたんだろうなぁ

がんばれツバメちゃん()人()ノ

夜更かしは、ダメよ〜ダメダメ

そう言えば、一昨年、

ご近所さんのところでも、同じようなことがあって、、

その時は、巣を丸ごと落とされていました。

5羽くらいいた中で、残った2羽を見せてもらいました。

たらいに入れられ、梯子の上に置かれてました。

家主さんがそんな作業をしている間も、親ツバメは目の前で餌をやっていたそうです。

人間を信頼してるし、家主さんの優しさがわかったんでしょうね。

その後は、プラスチックの入れ物に入れられ、軒下に設置

新しい巣をもらえてよかったね。

親もちゃんとエサやりしてました。

黄色い口をいっぱいに開けて、くれくれアピール

その結果

2羽は無事に巣立ちました。

2羽だけだから、巣立った後もいつもくっついて仲良しだったよ。

親鳥の愛情はすごい。

そして、いい家主さんでよかったね。

ドラッグストアの卵も無事に巣立つといいな。

立ち寄った日は、ちょうど花を買ってきたので、

お母さんツバメに

-------

急な暑さで、ご近所のモコちゃんも、こんな感じ。(><)

みなさんも、夏バテしてないかな?

ぼくは、喉と頭が痛いけど、

胃のこともあって痛み止めが飲めないので、なんと我慢。

時、出かけて気分転換しながらがんばります。

文章が下手でブログ書くの遅いから、写真ばっかりいっぱい貯まってね(;)

またアップしたいと思います。

励みになるので、よろしければ、コメントくださいね。

ではまた

I&x27;llbethereforyou

では、影山さん、改めてよろしくお願い致します。御前様、私は洗車の途中でしたので、失礼させていただきます。終わり次第、影山さんをお嬢さまのお屋敷へお連れしたら宜しいですか?荷物を運びますよね?

閉まったドアを呆然と見つめていた僕たちに、少し離れたところに立っていた風間が声をかけた。

いや、自分でするよ。後で適当な車貸して

わかりました。では

お辞儀をして、部屋を出ていく風間を見送って、僕と影山を交互に見た慧が、あ!と声を上げた。

私は影山さんのお部屋をお掃除してきます!

ちらりと僕を見て、嬉しそうに笑ってからドアの向こうに消えていく。

なんなんだよ、もぅ

一体何がどうなっているのか

ため息をついて、椅子に座り直した。

影山も知らなかったんだよね?

はい、全くまぁ、麗子お嬢様らしいですけどね

影山がお茶のおかわりをいれてくれながら笑う。

お姉様らしいけど、本当に突然すぎるよ

どうぞ、とティーカップを置く影山の距離が近くて、どきんとする。

これからはずっと一緒だな?

耳元で囁かれて、耳が熱くなる。

かげや

影山がカップを置いた手をテーブルに乗せたまま、僕の顔を覗き込む。

し、翔

良くできました

ふわりと唇が触れて、離れる。

思わずその唇を目で追いそうになって、ぎゅっと、目をつぶった。

耳元で、ふふって影山が笑う。

足りないの?

ちがっ

振り向いたらまた、捕まえられた唇。

何度も重ねられる唇に息が止まる。

ずっと、側にいるよ

うん。くふふ

なんだよ、もう〜!

影山と同時に吹き出した。

影山と僕の間に、何食わぬ顔でシュピーゲルが身体をねじ込んできて、僕を見上げたからだ。

シュピーゲル、お前も一緒にいてくれる?

お前、毎回邪魔すんなよ?

そう言って笑う影山と、ふたりで頭を撫でてやったら、シュピーゲルが満足そうにワンワン!と声を上げた。

普通に相手がゼルある想定でプレイングす

普通に相手がゼルある想定でプレイングするのが当たり前だった自分にはナーフの意味が分からないけど

みいつけた!

昨日の記事の番外スイミング編。

3分の3が息子の靴下でした。

ちょ、いつから忘れてたよ!?

少なくとも3週にわたっている

お道具箱といい、忘れ物BOXといい、

保管場所の範囲が広すぎる。

保管じゃないわ!

読者登録大歓迎です

ランキング参加しています

ツイッターはコチラ

カラフル男子牧場-ADHD長男とお調子者次男の兄弟物語-

Amazon

書籍販売中です

はじめましての方、ぜひ

>>家族のこと、ブログのこと。

けやかけをあえて見ないことによって楽し

けやかけをあえて見ないことによって楽しみを残し今日月曜日を乗り越えようって作戦。あえてね。あえて。

もしかして五月病?

夏を思わせる暑さだったが、私はどこにも外出せず仕事へ行った。

最近、寝ても寝ても眠たいのである。

仕事から帰ってきて、死んだように寝て、ブログを書きながらウトウトするから昼寝をして、書き終えて参考図書を読んでいたら睡魔に襲われてまた寝て、仕事中、瞼が重くて目が明かなくなるほど眠気と闘い、そしてまた帰ってきてから死んだように眠るのだった。

なんなんだ、一体。

連休が明けて、本格的に仕事をしようと意気込んでいる中、こんなに眠たいんじゃ話にならないじゃないか。

一体どうしたっていうんだ。

五月病じゃないの?

それだ、私は思った。

そうか、五月病か。

調べてみると、五月病とは新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称であるとされている。

私は勝手に五月病というものをこう解釈していた。

温かくなってきたので、ついついやる気が起きず、眠くなってしまう症状のこと

ところが、そうではないようだった。

私が五月病だとしたら、一体原因はなんだというんだろうか。

新人でもない。新しい環境に適応できないということもない。

ただただ眠たいだけである。

寝ても寝ても眠たくて、生活に支障をきたすほどだ。

私は本来、どちらかというと眠れない体質である。

子供の頃から眠りが浅く、短かったが、社会人になって精神のバランスを崩した時なんかは16時間とか寝てしまうということもあった。

つまり、極端なのである。

眠れない時は、昼寝なんてとんでもないのに、眠れる時はいつでも寝れるくらい眠くて眠くて仕方がないのだ。

これは五月病なのだろうか。

昔からよく、授業中なんかに、寝てしまったりすると、

五月病五月病

と言ったものだ。

でも改めて調べてみると、もっと深刻な意味合いの言葉だったので驚いた。

新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称。

つまり、4月に入社入学したものの、新しい環境に適応できず、疲れが出てくるのが5月ということなのだろう。

私は一体何に疲れているのだろうか。

ざっと見渡しても疲れの原因が見当たらないのだ。

仕事も人間関係も、特に問題は無いし、金銭的にも特に困っているわけでもない。

強いて言えば、眠たくて仕事にならないことが悩みくらいだろうか。

最近、お店でもたまに注意される。

ピシャリと叩かれて、レンちゃん、寝てますよと言われるのだ。

目薬持ってきたら?スッキリするよ

心配してくれてありがとうございます。

全く、仕事中に寝るなんて、何をやってるんだか。

やる気がないのがバレバレじゃないか。

いやいや、やる気の問題か?

どうしても耐えることができない睡魔に襲われることは、やる気とは関係ないような気がする。

以前、多摩川競艇場で働いていた頃も、日中激しい睡魔に襲われて、私は立ったまま寝ていたことが何度もある。

あんな人混みで、立ったまま寝れるのかと不思議がられたが、耐えることが困難な睡魔に襲われることがごく稀にあるのだ。

あの頃も、よく警備のおじさんに起こしてもらっていたものだ。

レンさん、寝てますよ

すみません

一度は起きるものの、またまた睡魔に襲われるので、そのやり取りは一日のうちに何度も繰り返されたのだった。

この頃が五月だったかどうかは覚えていない。

ただ、症状がとてもよく似ているので思い出したのだ。

五月病なのかな?

ただの眠り病なのかな?

単なる気の緩みなのかな?

やっぱり五月病ということにしておこう。

破壊から再生へ

〜母親からの虐待がんトラウマからの解放と自由への招待